経営承継円滑化法④遺留分その1

【経営承継円滑化法③遺留分】

・遺留分のことで手続きが面倒だなあ

というみなさんのために。2点、国がいままでのやり方を緩和しました。

①贈与株式等と遺留分算定基礎財産から除外できる

相続人が存命でも、遺留分の計算ができるようになりました。いままでは、亡くなってからでなければ計算できず、流動的でした。今回の法律で確定できるようになり、事前に税金の計算等をすることができるようになりました。

さらに、遺留分放棄に際し、関係者がわざわざ裁判所に行かなければいけなかったものが、相続人が書類をまとめれば、OKになりました。

これにより、相続人が存命の間に、多くの相続の作業ができるようになりました。この法律を使えば、もめなくて済みますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です